簡単に小顔になる

小顔になるダイエットマニュアル人気トップ3

ダイエットと小顔

小顔6

顔を引き締めたい場合は、ダイエットで小顔になることは可能でしょうか?

 

実は体のダイエットをしただけでは小顔になることはできません。

 

体と顔とは、ダイエットによって引き締めるメカニズムが根本的に異なります。

 

体には脂肪が落ちやすいところとなかなか落ちない部分があります。

 

顔の脂肪は燃焼しにくいので、脂肪を落とすことは難しいといえます。

 

 

小顔2
小顔になれない原因が脂肪以外の場合もありますので、小顔効果はあまり期待できません。

 

筋肉にたるみがあるために小顔になれないなら、すべきことはダイエットではなく筋肉を引き締めることです。

 

いくら小顔に憧れているからといって、小顔効果に乏しいダイエットを続けていては、状況は好転しません。

 

かえって健康を害してしまうこともありますので注意が必要です。


小顔3

ダイエットで体脂肪を減らすのではなく、顔のラインを引き締める方法を探すことが、小顔になるには大事です。

 

顔のむくみを取ることや、筋肉を引き締めることで小顔に近づくことができます。

 

表情筋を鍛えるマッサージやリンパマッサージ、つぼの刺激などをして、すっきりとしたフェイスラインを手に入れましょう。

 

ダイエットのやりすぎは、小顔になる前に体調を崩してしまう可能性があるようです。


エクササイズで小顔ダイエット

小顔4

小顔ダイエットにエクササイズを利用するという人がいます。

 

小顔を手に入れるために、表情筋を鍛えフェイスラインを引き締める体操です。

 

人間の顔面にはおよそ30種類以上の筋肉がありますが、一般的には全体の30%程度しか筋肉は使いません。

 

長時間パソコンに向かっている人や同じ表情をしている人の場合は、特定の筋肉しか使っていないことになります。


小顔5

小顔エクササイズは、普段使わない筋肉を鍛えることで、小顔ダイエット効果を実感することができるのです。

 

小顔効果が出るまでは、2、3週間かかります。くちびるに咥えるものや、顔にあてるものなど、手軽に表情筋を鍛えることができる小顔エクササイズグッズも人気を集めているようです。

 

エクササイズというと難しく感じてしまいますが、普段のちょっとした動作を工夫することでできるものもあります。


小顔6

例えば、毎日の食事をしっかり噛んで食べるようにするだけでも、顎の筋肉を鍛えることができます。

 

左右バランスよく噛んでゆがみの原因にならないようにすることも大切です。

 

口を大きく開けてあいうえおと発音するのも良い方法です。

 

頬や顎の筋肉を意識しながらゆっくりと行いましょう。

 

小顔になるためのダイエットは、毎日のエクササイズや食事時の心がけなど、わずかなことからとり組めます。


つぼダイエットで小顔になる

小顔7

小顔になりたい人は少なくないようですが、ダイエットには小顔効果があるでしょうか?

 

最近話題になっているのが、つぼダイエットで小顔になる方法です。

 

ダイエットが欲しい部分に対応したつぼを指圧することによって、体重を減らすというものをつぼダイエットといいます。


小顔8

小顔になりたい場合には、顔のむくみを解消するつぼを刺激することによってフェイスラインをすっきりとさせます。

 

顔のつぼを抑えることで、小顔になる効果を得ることができるといいます。

 

つぼを押すダイエットは、効果がすぐに得られるものではありません。


小顔9

どこに小顔効果があるつぼがあるかを知れば、ちょっとした時間の隙間や、作業が一段落ついたときなど、好きな時に実践することができるという手軽さがよいところです。

 

つぼダイエットは、その場で急に顔が変わるということはありませが、少しずつ小顔効果が実感できるようになります。

 

フェイスラインをすっきりさせて小顔ダイエットできるつぼはいくつかあります。


小顔10

人間の顔には、あごの下に上廉泉というつぼがありますので、顎を少しあげた状態で親指で押してみてください。

 

あごのたるみに効果的なつぼです。

 

頬車という耳の下、エラから1センチほど内側のへこんだ部分にあるつぼがあります。

 

人差し指をつぼに押し込んで刺激します。

 

フェイスラインについたむだな贅肉をとるのに効果的です。

 

ダイエットによって小顔になりたいなら、つぼの効果を利用しましょう。

 

口の運動と連動されると一層効果的です。


小顔になるダイエットマニュアル人気トップ3