ウォーキングダイエット

ウォーキングダイエットとは?

画像

有酸素運動であるウォーキングは、ダイエットに効果があるようです。

 

比較的軽い運動である有酸素運動とは、十分な呼吸を確保しながら行うものです。

 

ウォーキングや軽いジョギング、サイクリングなどがあてはまります。

 

運動を呼吸をしながらすることで、運動に必要なエネルギーとして燃焼されていくのが、体内に蓄積されている脂肪です。

 

今までは血液中に溶けている脂肪しか20分以上の有酸素運動でなければ燃えず、あまりダイエット効果は得られないといわれていました。

 

近頃言われているのは、ダイエット効果は短時間のウォーキングでもあるということなのです。ウォーキングをするまとまった時間がなくても、少し空いた時間に行うことダイエットをすることは不可能ではありません。

 

日々ウォーキング運動を継続することで増加するのが、体内の筋肉量です。筋肉量が多いほど基礎代謝量が増加します。体重が増えるのはそもそも、カロリー量のうち体内で消費するものが、摂取カロリー量より少ないことが原因です。

 

筋肉量をウォーキングで増やし、高い基礎代謝の体に変化させることで可能になるのが、脂肪が増えにくい体質になることです。お得な方法だといえるウォーキングダイエットは、長期的に取り組むことが太りにくい体質に改善が見込めるものなのです。


ウォーキングダイエットの注意点

画像

もしウォーキングダイエットを実践しようと思ったら、身に付ける必要があるのは正しい歩き方です。

 

どんな歩き方をするかで変わってくるのが、ダイエットの効果です。

 

正しいウォーキングは、背筋をまっすぐに伸ばし、膝を曲げすぎないようにして、つま先で地面を蹴るようにして歩きます。

 

正しいウォーキングの歩き方は、軽く腕を曲げ、大きく振るのが良いそうです。

 

膝を曲げて、上下左右に揺れたりして歩いていると損ねてしまうのが、ダイエット効果です。翌日以降に体が痛んで三日坊主になるという人も、やる気がありあまって初日に歩きすぎてしまうことでいるようです。

 

歩く時間は自分にとって適した程度で続けることが重要だといえます。大事なのは、第一に体調管理を考慮して、頭痛やめまいがする時や、睡眠不足の時やだるい時などは運動量を減らしたり、ウォーキングを休んだりすることです。

 

ウォーキングは屋外での運動になりますので天候に注意し、必要ならば水分の摂取を忘れないようにしましょう。よくウォーキングダイエットを始めたばかりは靴ずれというトラブルがおこるといいます。

 

ウォーキング慣れしていない靴や、新しいは靴ずれを起こしやすいようです。インソールなどを使って足に靴を合わせる工夫をしたり、足に合った靴を探すようにしましょう。ウォーキングを快適に行い、ダイエットを確実にできるように工夫しましょう。


ウォーキングダイエットの工夫

画像

無理して頑張りすぎないことが、長くウォーキングダイエットを長く続けるためのコツです。

 

個人差が適切な運動量にはありますので、他人と無闇に比較して落ち込んだり競争をするようなことは不要です。

 

大事なことは、ウォーキングを習慣化してダイエットに活かすことです。

 

毎日ウォーキング記録を取るというのは三日坊主で終わらせないためにおすすめの方法です。

 

面倒だという人は、記録するのは1日に歩いた歩数と、一日の食事内容を書いておく程度で良いでしょう。ウォーキングダイエットへのモチベーションが徐々に高まるのは、記録を残すことで歩くことを意識した生活をするようになるからです。

 

もし記録に慣れてきたらつけると良いのは、血圧や脈拍値、体重やウォーキングにかかった時間、天気や歩いた感想などです。だんだんと記録を残すこと自体が楽しくなってきたらうまくいっている証拠です。

 

他にも、パートナーを見つけて一緒にウォーキングダイエットをすることも長続きの秘訣です。共通の目標を持つ人を探したり、ダイエットを夫婦で実践するのもおすすめの方法です。

 

実際ウォーキングは飽きやすい部分もあるでしょう。音楽を聞きながら歩いたり、ウォーキングコースを変えたりなどすると、楽しくダイエットを続けることができるでしょう。