筋トレダイエット

女性のための筋トレダイエット

女性の間で、筋トレダイエットが関心を集めているようです。脂肪を燃やす有酸素運動が効果的だと思われがちですが、コツコツ続けるのは大変なことです。ランニングやウォーキングに時間が割けないという人もいるでしょうし、雪のシーズンや梅雨は外出も大変です。

 

外に出なくても、長時間の運動ができない人でも、筋トレならば気軽に実践できるでしょう。じっとしていても体温が低くならないよう、筋肉は脂肪を燃焼させます。筋肉が脂肪を燃やす熱量は1日の消費カロリーの50%もあるので、筋肉を増やすことで脂肪が減って必ず痩せられるというのです。

 

体内の脂肪を使うのは、有酸素運動ならば体を使っている時だけの話ですが、筋肉が使うエネルギーは寝ている時でも続きます。筋力がつけば運動もしやすくなり、太りにくい身体になるでしょう。運動や筋トレでせっかく体に蓄積された脂肪を使ってしまおうとしても、筋肉が減って代謝スピードが落ちていてはダイエットしづらいものです。

 

体の中でも大きめの筋肉を運動で使うことによって、女性でもダイエットがしやすくなります。お尻、太ももの後ろ、背中、胸には多くの皮下脂肪がつきがちです。筋肉を鍛えて、引き締まった体つきになるよう取り組んでいってください。筋トレをコツコツと行うことでダイエットだけではなく、バランスのとれたボディも手に入れることができるのです。

自宅で行う筋トレダイエット

最近では、筋肉量を増やしてダイエットをするために、筋トレをする人がいます。筋トレはたとえジムに通うお金や時間がなくても、自宅で簡単に行うことができます。筋トレは専用の道具がなくても、畳1枚くらいのエリアがあればそれでできます。

 

自重をダンベルの代替として筋肉を使うことが可能です。ジムに行く場合、どうしても外出の準備をする必要があります。それが気分的にも億劫だという人は、自宅での筋トレの方が続けやすいようです。運動をする前段階にしなければならないことが多いと、結果的に運動から足が遠のいてしまいがちです。

 

自宅での自体重筋トレは思いついたらすぐ気軽に取り組むことが可能です。筋トレは習慣的に行うことが大切ですが、毎日やるとなると最初は大変です。一週間に一度程度の筋トレであっても、これまで滅多に運動をしなかったという人ならばダイエット効果は期待できます。

 

週2回にすればさらにダイエット効果がアップします。週3回やればもっとダイエット効果が上がるのがというとそうでもありません。ダイエットのための筋トレは、筋肉を使った後にしばらく休ませるというサイクルが重要なので、一週間に三回くらいがいいでしょう。

 

プロポーションを気にする人の中には、筋肉が増えすぎると体のラインが変わらないかと思う人もいますが、男性ホルモンが少ないためそうはなりません。ダイエットを目的とした程度の筋トレであれば、筋肉がふえすぎるということはないようです。自宅で筋トレをして是非健康的なダイエットを成功させましょう。

筋トレダイエットの方法

プロポーションの取れた体になるためには、筋トレダイエットが良いと言われています。具体的にはどのようなダイエット方法で筋トレをすればダイエットに効果的なのでしょうか。1日のうち、午前に筋トレをすることで代謝が促進された状態で日中を過ごせますので、できれば午前に筋トレを行いましょう。

 

運動後は代謝の活発な時間帯が続くことを考えるなら、筋トレを午前にすることでエネルギーの消費を早めるようにします。続けることによって、運動によるダイエット効果はアップします。起床直後と就寝前以外の時間であれば、自分にとって都合のいい時間に筋トレをするといいでしょう。

 

実際に行う筋トレの方法ですが、テレビを見ながらでも簡単にできるものがいくつかあります。まず、仰向けになって膝を九十度に曲げ、膝の間にクッションを入れます。その姿勢で両腕を膝の方に真っすぐ伸ばしていきましょう。

 

クッションを落とさないように注意しながら、両手で膝にタッチするまで背中を丸めて上体を起こしましょう。上半身が上がったら、背骨をひとつひとつ床につけていくようにゆっくりと仰向けに戻ります。胸や二の腕を鍛える筋トレもあります。

 

運動をする時には、うつぶせになります。ひざの下にクッションを置き、足首は交差させます。手は体の横に伸ばし、手首は外側にします。頭から頭が揺れないように気をつけながら、肘を曲げて胸を床にゆっくり近づけます。

 

目線は下の方に向けたまま、床を押し、元どおりの姿勢になります。どちらの運動も一人で気軽にできる筋トレでダイエット効果もありますので是非時間を見つけてやってみましょう。